愛車を走らせている際に、「自動車を使ったままで即日融資可」といった掲示板やお知らせが見かけることも多いはずです。こういった宣伝は、自動車を担保として融資するお知らせであることが多いようです。車担保融資と言われている言葉は、聞いたことがあっても、具体的にどのようなキャッシングのスタイルなのかそれほど分かっていない人も少なからずいるはずです。車担保融資とは、それほどメジャーでないローンキャッシング方法ともいえます。車担保融資では、自動車を担保にすることで、自動車の現時点の査定額を出し、その額の査定枠の中でローンを原則として行っています。自動車販売での査定と同様に、古い車や改造車であると、査定金額が低くなることがありますので自動車を担保として融資を受ける場合には覚えているといいかもしれません。車担保融資は、「乗り物」という手で触れるものを保障として抑える方法ですので、消費者金融などでローンがストップしている人でも簡単に査定上限内での融資を行えるようです。また、銀行や貸金業者でのキャッシングには多種多様な手順や厳しい審査などがありますが、車という担保を使い行うキャッシングですから、そうしたものが要らないってこともあるようです。近頃では、車を返済に行き詰った際の保険にしてキャッシングを受けても、今まで通り引き続き運転することが出来る車担保融資も増えてきているようです。ところが、ローンキャッシングの欠点としては、車の査定額にローンの上限額次第ですので、所持する自家用車によって、自分自身が志願する額のキャッシングを受けられないということも度々あるようです。クルマを担保としますから、もし返済自体が出来なくなった場合は、直ちに愛車を売らなければならないというのも、弱みといえるかもしれません。クルマが日常の必要アイテムである世帯では、クルマを、返済ができなくなった際の保障とするキャッシングのやり方は、かなり危険が大きいといえるかもしれません。