第一に、個人が破産を申請するまでは負債者人に対しての電話を使用しての返済請求と借金のある当人の住んでいる家への訪問での徴集は無法でないということなのです。自己破産申請の書類手続きに進んで以降、提出までに余計な時間がかかってしまった場合では債権保有者は強引な返済要求をしてくる危険性がアップします。債権保有人側としては残金の返納もすることなく、そのうえ自己破産のような法律上の手続きもしないといった状態だと組織内部で処理を実行することができないのです。他にも債権保有者の過激なタイプはエキスパートに助力を求めていないとわかったならけっこう厳しい締め上げ行為を繰り返してくる会社も存在します。司法書士の方か弁護士に依頼したときには、個々の債権保有者は依頼人に直接取り立てをすることができなくなるのです。SOSを理解した司法書士の方それか弁護士法人は仕事を担当するという中身の書類を各権利者に送り、各債権者がその通達を見たのなら負債者は取立人による厳しい返済請求から逃れられることとなります。さらに、債権者が会社や親の自宅へ訪問しての返済要求は借金に関する法律の条項で禁止事項になっています。事業として登録してある会社であれば勤め先や親の自宅へ行く返済請求は貸金に関する法律に反するのを知っているので、その旨を言ってしまえばそういった徴集を維持することはないと言えます。自己破産に関する申し立ての後は、申請者に対しての返済請求を含んで返済請求行為は許されなくなります。ゆえに取り立て業者からの支払い請求行動がさっぱりとなしになるということです。しかしながら中にはそのことを知っていてやってくる取り立て屋もゼロであるとはいえません。貸金業であって登録を済ませている会社であれば、破産に関しての申し立て後の徴集行為が貸金業法のガイドラインに反しているのを分かっているので、伝えてしまえば、そのような徴集をやり続けることはないと思います。ただ闇金融という俗称の未登録の会社においては予測外で、強引な取り立てなどが理由の被害が増加し続けている状況です。裏金が取り立て屋の中にいるときは弁護士の方または司法書士グループなどの専門者に助力を求めるのがいいと考えます。