重量税は国内メーカーの自動車とかアメ車など愛車の国やエコカー、クーペ等車の形状に全て同じで例えば、ダイハツやメルセデスベンツ、等にも一般的に納付しなくてはいけないもののことをいいます。新車登録の時または定期車検のさいに納付する税です。その額はクルマの重量により定められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に異なる税金ですのできちんと学んで一緒にしないようにしましょう。「自動車重量税という税金は車の重量により」「自動車税は総排気量によって」その額が異なります。それで買取する時の待遇も違いますから、注意しましょう。車を売却するときには既に納めた額がいくら残っていた場合でもその金額が還付されるようなことはないのです。一方で自動車税でしたら支払い済みの残存税額を査定額に上乗せしてくれるケースがなくはないですが、重量税については上乗せになるという事例はあまりないのが現状です。重量税の場合は、どれだけ納付済みの税金があるとはいえ車の買い取り専門業者にてそれが考慮されるケースは少ないものなのです。そのため次回の支払い、要は次回の車検まで処分を少し待ち売るという手段がベターと思います。引き取り時は還付の対象にならない重量税ですがある事例では還付していただけることがあります。このケースは、次の車検までの期間が残っている車を廃車として処理する時です。というのは、廃車登録をすれば残存期間に応じた税金が戻ってきます。ですが自動車買取の場合はその自動車が廃車されるのとは違うので戻ってきません。それから売却する車の名義を変更した場合や盗難被害に遭ったケースなども還付を受けることは不可能です。自動車重量税の残存期間があるクルマを買い取ることはつまり車検期間が残っている車です。その辺りを業者も忖度しますから重量税の残存期間があれば買取金額は上がると思います。もちろん、買取額は業者によって変わりますが車検の効力がまだある事実が考慮されれば、売却する自動車の買取額からみたらそんなに割に合わないということもありません。