任意整理というのは一般に借金整理とも呼んでいて、それぞれ債権者に対しての支払いを続けることを前置きとした債務整理の手順のことをいいます。その手続きですが司法書士の資格を持つものそれから弁護士の有資格者債権者とあなたとの中に立って相談し合い利息に関する法律に照らして適切な利息計算をしてから再計算した借りているお金の元金の利子をカットした方法で36か月くらいの時間で返済を行う借金整理の方法です。任意整理には各裁判所等の公的機関が手出しすることはないので他の処理と比較すると、採用したときにおけるデメリットが一番小さく、やり取りも依頼者になにも重荷になりませんので、まずここから選択していただきたいやり方となります。くわえて、債権を有する者が消費者金融といった高い借入利息だったら利息に関する法律で決められている貸出金利に追加して返した借入金利にあたっては借りたお金の元金に適用できると判断され借金の元金自体をカットすることだってできます。つまり、サラリーマン金融のような大変高額な金利を取るところへ長期間返済してきたケースだと期待以上の利息分を減額できることもありますし10年くらい返済してきたケースでは借金自体が消滅することもあります。債務整理のポイントは、自己破産手続きとは違いある部分のみのお金だけを処理していくことになるので他の保証人が関与している借入金以外について手続きをしていく場合や自動車ローンの分以外で手続きしていく場合等でも活用することができますし、築き上げてきた財産を処分する必要がないので投資信託や土地などの個人資産を保有していて、手放してしまいたくない場合でも活用可能な債務整理の方法になります。今後の返済額と実際として可能な手取り額を比較し、おおむね返済の計画が立つようであればこの手続きを取ることが可能ですが、破産申告と違って負債自体が消えるというわけではありませんので、負債の合計がかなりある状況の場合任意整理で手続きを進めることは困難になるということになるでしょう。