車の損害保険には自賠責保険あるいは任意保険に代表される二つのタイプが用いられています。任意保険も自賠責保険ももしもの事故など遭った場合の補償に関するものですが条件は若干異なるのです。二つの保険では補償がなされるものが同じではありません。※相手には「自賠責保険」「任意保険」どちらでも補償します。※自分自身には、「任意保険」によって補償できます。※自分の財産に関しては[任意保険]によって補償します。自賠責保険だけでは、自分の手傷や愛車に関するサポートは受けられません。続いて相手への補償などのサポートですが自賠責保険ならば亡くなってしまったケースでは最高額3,000万円、障害を負わせてしまった場合上限額4000万円というように決められています。ただし賠償額が前述した値段を凌ぐことは起こり得ます。また加えて事故の相手のクルマないしは不動産を毀損した際に関しては害を加えた人による全くの自己負担となると定められているのです。そのような負担を防ぐために任意保険という制度が不可欠となるのです。被害を受けた者に対する援助に重きを置く任意保険にはそれとは一線を画す機能があります。※相手へは、死亡時や手傷のほかクルマ・不動産などの対象物を補償するのです。※自分へは、同伴者も加えて死亡時や傷害を賠償してくれるのです。※自己の所有する財産においては、乗用車を補償してもらえるのです。このようにあらゆる面について支援が行き届いているのが任意保険における長所なのです。保険の掛け金の払い込みは欠くべからざるものとなってしまうのはしょうがないですが、相手のためにも自分自身の安心のためにも、車両に余計な心配を抱くことなく乗りたいのであればぜひ任意保険というものに加入しておきましょう。